プラセンタ基礎知識

プラセンタで自律神経失調症を改善!神経バランス正常化作用について解説

プラセンタといえば美容に非常に優れた効果を発揮する成分というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?多くの人が美容目的で利用しています。
でも、実はプラセンタには美容以外にもさまざまな作用を持っています。

その一つでもあるのが「自律神経失調症の改善効果」です。
プラセンタには乱れた自律神経を整える効果があり、自律神経失調症の改善や発症予防作用があると言われています。

ここではプラセンタの効能である自律神経失調症の改善効果について解説していきます。

自律神経とは

自律神経とは循環器、消化器、呼吸器などの人間が生きるために必要な体の活動を適切に調整し、24時間働きつづける神経のことをいいます。

自律神経には2種類の神経が存在します。

  • 交感神経
  • 副交感神経

交感神経

交感神経は、精神を緊張させる神経です。

運動、仕事、家事など体を活動させているときや、緊張しているとき、不安や恐怖などのストレスを感じているときに働きます。血管を収縮させることで血圧を上げたり、消化器や汗腺、心臓の働きを促進させてくれます。

胃腸の働きの抑制や瞳孔を散大させるなどの身体活動に働く神経で「昼の神経」とも言われています。

副交感神経

副交感神経は精神をリラックスさせてくれる神経です。

夜寝ているときや、食事中、リラックスして安静にしているときに働くことから「夜の神経」とも言われています。

副交感神経が働くことで血管が広がり、心拍のリズムが落ち着きリラックス状態にしてくれます。また、緊張で固まっていた筋肉も緩みます。

副交感神経には、胃や腸などの消化器官も活発化させる作用があります。

 

2つの神経がバランスを保ちながら適切に働いてくれることで私達は快調に日々の生活を送ることができます。

しかし交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、体のあらゆる器官がうまく働かなくなり体に不調が現れはじめます。

特にストレスを抱えがちな現代人は、リラックスを感じる副交感神経よりも緊張を感じる交感神経が活発に働いている傾向にあります。

自律神経失調症とは

精神を緊張させる「交感神経」と精神をリラックスさせる「副交感神経」は真逆の働きをしています。この2つの神経がバランスを保ちながら働くことで私達は健康な体で生活を送ることができています。

そして、交感神経と副交感神経のバランスが滅茶苦茶になってしまった状態を「自律神経失調症」といいます。

自律神経失調症を発症すると、心と体に不調が出ます。
不安や緊張、あせり、イライラなどの心のトラブルが発症したり、多汗や頭痛、肩こり、手足のしびれ、慢性的な疲労、動悸、不整脈が出たりと色々な症状があらわれます。

自律神経失調症という診断を受けていなくても、自律神経が乱れ始めると精神コントロールできなくなり、不眠やめまいなどの体調不良で日常生活にも影響が出はじめます。

自律神経失調症の発症原因

自律神経失調症の症状は人それぞれあるように、発症する原因も様々です。
自律神経のバランスの乱れは原因が1つということでなく、複数の原因が関係し合っていると考えられています。

  • 不規則な生活
  • 過度なストレス
  • 女性ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活

不規則な生活を送り続けることも自律神経のバランスが崩れると言われています。

例えば夜更かしや、夜型人間、夜勤勤務で昼夜が逆転した生活習慣などがそうです。本来の人間の生活リズムを無視したライフスタイルが自律神経失調症の発症を引き起こす場合があります。

というのも、自律神経は昼間には交感神経が活発に働き、睡眠に入る夜には副交感神経が活発に働きます。このサイクルが通常のリズムなのです。

しかし、夜更かしや昼夜逆転の生活を続けると常に交感神経が活動的な状態となってしまいます。交感神経から副交感神経への転換が適切にできなくなることで自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

不規則な生活習慣は社会環境や個人の生活の送り方によって異なります。ですが、できるだけ朝起きて夜はしっかり眠るといった規則正しい生活を送ることで自律神経のバランスを正常に保つことができます。

過度なストレス

過剰なストレスを受ける、または継続的にストレスを感じ続けることも自律神経失調症の原因となります。

ストレスは6種類に分類することができます。

  1. 精神的ストレス・・・将来に対する不安、失恋、失敗、挫折、プレッシャー、家族の病気や死など
  2. 人間関係のストレス・・・上司、同僚、近所づきあい、身内などの人とのつきあいの中で起こるトラブル
  3. 社会的ストレス・・・仕事の残業、夜勤、転職、降格、昇格、学校の入学、卒業、転校、退学など
  4. 環境的ストレス・・・自然災害、騒音、空気汚染、花粉など
  5. 肉体的ストレス・・・けが、過労、病気、睡眠不足など
  6. 物理的ストレス・・・気圧、気温など

私達が日頃生活する中で感じるストレスが自律神経のバランスを崩してしまうのです。

中には自覚がなく無意識のうちに無理をしてしまい、ストレスを貯めこんでしまい自律神経失調症を発症する人もいます。

女性ホルモンバランスの乱れ

女性は時期によってホルモンバランスのリズムが変化しつづけます。
この変化は自律神経の働きにも大きく影響を与え、時には自律神経のバランスを壊してしまうことがあります。

たとえば、月経や排卵、妊娠、出産、更年期などのタイミングで女性ホルモンは乱れやすくなります。自律神経と女性ホルモンには深い関連性があり、ホルモンバランスの乱れるタイミングで自律神経も一緒に乱れてしまうのです。

自律神経失調症に女性の発症者が多いのもこれが原因と言われています。

プラセンタの自律神経失調症の改善作用

プラセンタにはアミノ酸、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸、成長因子などの様々な栄養素が含まれています。
これらの成分が体内で働くことによって、自律神経失調症を改善する薬理効果が認められています。

  • 自律神経調節作用
  • 抗ストレス作用
  • ホルモンバランス正常化作用

自律神経調節作用

プラセンタには、乱れてしまった自律神経のバランスを正常化させて精神を安定させる効果があります。

私達は交感神経と副交感神経の2つの自律神経のバランスが適切に保たれることで、健康な心と体で日々を過ごすことができます。しかし、この2つの自律神経のバランスが崩れると精神的に不安定になったり体に不調が現れたりしてしまいます。

プラセンタにはこの自律神経バランスを整え、心と体の不調を改善させる作用があります。

すでに崩れてしまった自律神経のバランスを正常に戻す効果と自律神経が乱れないように予防してくれる効果があります。プラセンタは、自律神経失調症の改善や予防に大きく活躍してくれるのです。

抗ストレス作用

プラセンタには抗ストレス作用があります。

日常生活には様々なストレスが潜んでいます。精神的なストレスや、人間関係のストレス、社会的、環境的など人によって様々です。過剰なストレスを感じ続けることは自律神経失調症を発症する原因となります。

しかし、そういったストレス環境からどうしても逃れられない場合もあります。そういった人のために、プラセンタのストレスを緩和させる作用が活躍します。

今、プラセンタの抗ストレス作用はとても注目されています。多くのクリニックが美容目的だけでなく、自律神経失調症を改善するためにプラセンタ療法を取り入れています。

プラセンタを摂取することで、日頃のストレスを精神的に緩和することができ心身共に元気になることができます。

ホルモンバランス正常化作用

プラセンタには自律神経失調症の原因といわれている女性ホルモンバランスの乱れを整える効果があります。女性ホルモンには2種類あります。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)・・・卵巣から出るホルモン
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)・・・排卵後黄体から出るホルモン

どちらも女性の体には無くてはならない大切な働きをするホルモンです。しかしこの2つのホルモンは月経や排卵、妊娠、出産、更年期などのタイミングで乱れやすく、自律神経のバランスを崩す原因となります。

プラセンタには、女性ホルモンバランスの乱れを正常化する作用があり、自律神経バランスが乱れるのを防いでくれるのです。

女性ホルモンバランスの乱れによっておこる、感情のゆらぎや体調不良を改善してくれる効果があります。

プラセンタサプリが選ばれる理由

プラセンタの自律神経失調症への改善機能は臨床データで証明されており、保険を適用してプラセンタ注射など多くのクリニックで自律神経失調症治療を行うことができます。

プラセンタ注射と比べるとプラセンタサプリメントは副作用が少なく、費用も安いため自律神経失調症の予防や改善目的で摂取する人が増えています。

また、最近では男性のプラセンタ服用者も増えています。プラセンタには自律神経のバランスを整える効果だけでなく、育毛効果もあるため手軽に飲めるプラセンタサプリメントが選ばれています。

とはいえ、プラセンタの効果は即効性があるわけではありません。自律神経失調症の改善効果を感じるまでには、ある程度の期間続けて摂取することが必要です。