プラセンタ基礎知識

プラセンタ効果のある摂取量は?1日にどのくらい飲めばいいのか解説

プラセンタの1日の摂取量

市販のプラセンタサプリには「1日の摂取量(カプセルの数)」が決まっています。

商品によっては、1日1粒だったり1日3粒だったりします。

基本的には、商品の用法用量どおりに飲むのがいいのですが、

「1日1粒で本当に効果があるの?」

と思うかもしれません。

私も最初そう思っていたので(笑)

このページでは、プラセンタサプリの摂取量(1日にどのくらい飲めば効果があるのか?)といった「量」について私の経験を踏まえながら解説したいと思います。

摂取量を考えるときの注意点

効果的なプラセンタ摂取量を考える前に、以下の点に注意する必要があります。

  • 馬プラセンタか豚プラセンタか?
  • プラセンタの抽出技術は高いか?
  • 摂取量は粉末か?原液換算か?

馬プラセンタか豚プラセンタか?

市販されているプラセンタサプリには、馬の胎盤を使った「馬プラセンタ」と豚の胎盤を使った「豚プラセンタ」があります。

馬や豚にも種類があったり、飼育環境などの違いもありますが、ざっくり「馬プラセンタは豚プラセンタの約1.5倍のアミノ酸含有量がある」と言われています。

例えば同じ「プラセンタ200mg」でも、馬の胎盤を原材料としたプラセンタサプリの方が美容・健康効果が高いということです。

そのため、おすすめは「馬プラセンタ」です。

馬と豚の違いについては以下のページで詳しくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。
馬プラセンタと豚プラセンタはどちらがいいのか?

プラセンタの抽出技術は高いか?

プラセンタサプリは、馬や豚の胎盤から栄養素の詰まったエキスを抽出して不純物を取り除いた後に、粉末状に加工して作られます。

いろいろな生産工程があるので、抽出技術が乏しいと栄養素を大きく失ってしまいます。ひと昔前のプラセンタサプリでは、その抽出技術の違いでもハッキリとした効果の違いがありました。

最近販売されているプラセンタサプリは、どの商品も抽出技術が高く栄養価を著しく損なうような加工はされてません。特に当サイトでおすすめしているプラセンタサプリは「低分子化」や「フリーズドライ製法」など、最新の技術を使い栄養価の損失を極力抑えています。

そのため、商品による技術の違いは考えなくてもよいでしょう。

摂取量は粉末か?原液換算か?

プラセンタサプリの配合量の表記には「粉末」と「原液換算」があります。

たとえば、当サイトでおすすめしている(私も今現在飲んでいる)「Tp200」という馬プラセンタの販売ページを見ると

  • プラセンタエキス末200mg
  • 原液換算で8,000mg

という記載があります。

原液換算とは、上記の場合だと「8,000mgのプラセンタ原液から水分や不純物を取り除いてプラセンタを(200mg)抽出した」という意味になります。

Tp200の場合は粉末量も200mgという記載があるので「実際のプラセンタ配合量」もわかるのですが、商品によっては原液換算量しか記載がないものもあり、「実際のプラセンタ配合量」がわからない商品もあります。

基本的には原液換算の量が多ければプラセンタ量も多くなるのですが、粉末量の方がハッキリとプラセンタ量がわかって親切ですよね。

当サイトでは、1日の摂取量を考えるときには「プラセンタの粉末量」を基準として考えています。

※プラセンタ原液換算と粉末の違いについては、以下のページで詳しくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。
プラセンタ原液換算とプラセンタ原末(粉末)の違い

美容・健康効果のあるプラセンタ摂取量

美容・健康効果を発揮するプラセンタ摂取量は、

1日あたり純度100%のプラセンタ末(粉末)200mg

です。
※粉末といった換算量がわからない方はこちらをご参照ください
プラセンタ原液換算とプラセンタ原末(粉末)の違い

1日に200mgのプラセンタを飲み続ければ、美容・健康に効果を発揮します。

たとえば、当サイトでおすすめしている(私も今現在飲んでいる)「Tp200」は、1日1粒で純度100%馬プラセンタを200mg摂取することができます。

おかげで私は”もっちり”としたハリと弾力のある肌をキープしてます♪
TP200馬プラセンタを実際に飲んでみた効果はこちら

飲めば飲むほど速効性がでる!?

私が最初に飲んでいたプラセンタは、1日1錠~4錠という記載でした。

1錠~4錠って結構幅があるな?って思ってサービスセンターに電話して聞いたところ「プラセンタの速効性、効果を早く感じたいのなら1日4錠飲んでください」との返答。

毎日4錠飲んだらすぐに終わっちゃうじゃん!と思いながらも飲んでいると、なんと飲み始めて3日目で、お風呂でのもちっと吸い付くような肌、押し返すような弾力とツルンとした肌触りを体感しました。

詳しくは「私のプラセンタサプリ体験談」を読んでほしいのですが、1日に飲む量が多くなるほど効果の実感が早くなるということですね。

もちろん1日に10粒も20粒も飲んではいけません。どのくらいまで飲んでいいのか?は商品によって違うと思うので、コールセンターなどに電話して確認してみてください。

1日の摂取量が多いプラセンタサプリ

用法用量どおりで、1日のプラセンタ摂取量が多い商品は「プラセンタの泉360」です。

希少価値の高い馬プラセンタが1日2粒で360mg摂取できます。
粉末で200mg前後が多い中、360mgという量のプラセンタを摂取できるのはプラセンタの泉だけです。

ただしそれも「用法用量どおり」という中での話です。

たとえば前述したTp200は1粒200mgが30粒で2,500円。
プラセンタの泉は1粒180mgが60粒で3,200円。

Tp200を2つ買って1日2粒飲めば、1日400mgのサラブレッド馬プラセンタを摂取することができるわけです。

このあたりのさじ加減は、自分がどのくらいまで予算が出せるか?どのくらい早く効果を実感したいか?などと相談して決めるのいいと思います。

私のおすすめ

私のおすすめとしては「1日200mgの馬プラセンタを飲むこと」です。

Tp200

1日200mgを飲み続ければ肌のハリ・ツヤ・弾力がハッキリと違ってくるし、5年後の肌の状態が全然違うと思います。
「週末に忘年会があるからより若く美しくいたい」という”ここぞ”の時は、1週間くらい前から1日2粒とか多めに飲むようにするとより効果的ですよ♪